新川千本桜(カワヅサクラ)

ご紹介

新川を1,200本の植栽で桜の名所にすることを目標にして取り組まれた事業です。これにより、今世紀に入って10年余りの間に、新川沿岸の遊歩道は、10キロメートル近くの桜の並木道へと変貌を遂げました。費用には、市民や民間団体の寄付も充てられ、維持管理も、ボランティア団体があたるなど、「花を通じたまちづくり」事業です。

アクセス

 東葉高速線「東葉勝田台駅」または京成本線「勝田台駅」南口から東洋バス米本団地行きに乗車。「米本団地」バス停下車。八千代ふるさとステーション経由、徒歩5分。

新川千本桜植栽図

口コミ